リサ=オフリー

Offcial Web Site 2010 Var,

Member's BLOG

スポンサーサイト

スポンサー広告|-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


それでも明日はやってくる

Naoto Nakajima|2011-03-14 07:48

「東北地方太平洋沖地震」において、被害にあわれた皆様、
心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。
日夜を問わず被災者救助や災害対策に全力を尽くしている皆様にも敬意と感謝の意を表します。

しかし、改めて疲れる。もう4日目を迎えるけど東京に居てこんだけ気疲れするのに東北の被災地の人はもっと疲れてるやろうな。なんか久しぶりにずっとテレビ観たりツイッター観たりしててたくさんの感情を凝縮して感じるとともにいつまた大きな余震がくるのだろうかという不安を感じる。

Sorrys!の楽しみにしていたレコ発もなくなりリサ=オフリーのライブもなくなる。電車が止まったり職場が休みになったり、今日からは関東で計画停電もあったり、コンビニやスーパーなどで食品が品切れになっていたり、ガソリンスタンドが営業停止になってたり、東京も充分な被災地と実感している。

テレビ観てて思うんは被災地の方の涙を流す映像や、津波の凄さ、原発の専門家の意見(抽象的な解説)が多くて、テレビの収入源であるCMを流さずにやっているのは称賛に値する、けど被災地に居る人が必要なんは食料に水に暖房材、家族や仲間の安否。もっと迅速で的確な番組があってもいいんじゃないかと思う。実際東北の被害が甚大な為、そこばかり報道して茨城の被災地の人、病院には補給物資が届いてない実態がある。その上停電の地域にも指定されてたまったもんじゃないと思う。

ツイッター観てて思ったんは、まず地震が起きて電話もメールも繋がらない中、ツイッターは電波があればリアルタイムでたくさんの情報が得られて素晴らしいツールやなと感動した。その反面、情報が溢れすぎてデマが流れて右往左往したりくだらない主観のツイ―トを観たりするハメになる、シリアス過ぎて精神的に良くなかったりする。

そして今はタイムリーに節電ツイ―トが溢れる。

昨日多かったのは娯楽業は控えるべきだというツイ―ト。

ミュージシャンはライブをやらないべき。そこに大きな疑問を持つ。ライブハウス、カラオケ、ゲーセン、遊園地、ギャンブル、風俗、その娯楽で生計が成り立ってる人、それに依存することによって幸せを感じてる人がいる。

今上げたのは一部かもしれんけど、それを止めて経済、心の循環を悪くしてでも関東は節電をする意味はないと思う。むしろ今以上に頑張って盛り上げて、満を辞した時に募金以外の方法で東北の人達に元気と支援をしてあげられるのが一般市民の役目じゃないかな。

東日本全体で共倒れしてネガティブになってどうするねんて昨日、今日考えてて思った。

実際、ほんまに今電力が足りてなくて電車も運休してるから不可抗力な場面もたくさんあって仕方ない部分も多い。

ただ環境問題と一緒で一人一人が節度ある、節電すれば乗り越えられるんじゃないかと思っただけです。

引き続き地震には気をつけようと思います、皆さんもお気をつけて!また笑顔で。








COMMENT's CONRIBUTE!

Name:
Subject:
Mail:
URL:
comment:
Pass:
Secret:秘密にする
  :
loading
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。